応募者の情報を一元管理

list

2018/01/31
面接のノウハウも教えてもらえる
2018/01/31
このシステムを使えばミスマッチが激減
2018/01/31
貴重な人材を逃さない工夫
2018/01/31
応募者の情報を一元管理

中途採用支援は連携メディアに注意!最適なものを!

採用業務を行う上で、採用業務フローの効率化は優秀な人材を逃さずに確保出来ることや業務負荷の軽減、そして採用業務ノウハウの平準化というメリットがあります。そのため、採用管理システムを導入することは、現状および将来を考えるのであれば重要です。
ですが、直ぐに必要かつ優秀な人材を確保する場合、中途採用支援サービスを利用することですが、新卒者の採用に強い採用管理システムでは応募者が集まらないというケースがあります。そもそも、求人募集が掲載されるメディアはそれぞれ特徴が異なり、中途採用を行う上では、全く別のメディアになってしまいます。さらに、求人雑誌や新聞広告、職業安定所での募集はそのメディア媒体自体を確認する必要があり、多くの人の目に触れるという点では限定されてしまいます。
そこで、中途採用支援サービスの導入を検討する際は、連携先となるメディアが中途採用に特化した媒体であるかどうか見極める必要があります。特に転職サイトや人材紹介会社に連携しているかが重要であり、専門性が高く、会社生活の実績もある人材確保が期待出来ます。安易に連携メディアが多いだけで選ぶのではなく、連携先の内容を確実に把握することで応募者数のアップを行う必要があります。例えば、人材紹介会社の場合、登録者に対して案内通知が行われることも多く、少なからず人目に触れることとなります。

中採用支援システム導入のメリット

良い人材を採用するためには、多くの手間と時間がかかります。ただ、多くの時間と人件費をかけて採用しても、ミスマッチが起きることは珍しくありません。この場合、採用までにかけた時間と人件費が全て無駄になってしまうことになります。こうした状態を改善したいと考えた場合、中途採用支援システムの導入がおすすめです。
中途採用支援システムを利用するメリットのひとつが、応募者の情報を一元化できることです。履歴書や職務経歴書を人の目で一つずつ確認し、良い人材を探していく方法の場合、どうしても見落としが生まれてしまうことがあります。更に、書類選考に時間をかけてしまうと、その間にも他の企業に良い人材を奪われてしまう可能性も出てきます。応募者の情報を一元化すれば、応募者全体の情報を一瞬で把握できるようになります。そして、良い人材がいた場合、すぐにアプローチをすることができるので、人材を逃す可能性を大幅に減らすことができます。
中途採用支援システムでは、応募者の一元化の他、面接日の調整などこれまでであれば時間がかかっていた作業を簡単に行えるようになるというメリットがあります。そのため、採用にかかる時間や人件費が気になるのであれば、中途採用支援システムの導入を考えておいて損はありません。

TOP