若手とベテランの能力差を縮める

list

2018/01/31
面接のノウハウも教えてもらえる
2018/01/31
このシステムを使えばミスマッチが激減
2018/01/31
貴重な人材を逃さない工夫
2018/01/31
応募者の情報を一元管理

中途採用支援システムは多角的なメリットにも期待

能力のある即戦力を採用したいという中途採用は、より効率よく素晴らしい人材を呼び込むことができるシステム構築が不可欠です。今では中途採用支援サービスを導入している会社も多く注目されています。導入メリットとして、1つは選考をスピーディーに出来るという面があります。中途採用の場合には出来るだけ採用までの期間を短縮する必要があります。その理由は他の企業からの内定が先にもらえることで、こちらの選考中に辞退されてしまうという心配があるからです。中途採用支援システムを使えば書類や面接選考について一元管理できますので、効率アップが期待できます。
もう1つは採用コストの削減につながることです。ただ求人広告を打つだけでは応募率がなかなか上がりませんが、求人広告の最適化も図る事が出来る中途採用支援システムは採用率や辞退率の可視化も行いますので、採用率のアップにもつながります。確かにこのシステム導入で費用はかかるものの、全体を見るとコストの削減が出来るのです。
さらに自社採用サイト自体にSEO対策を施すこととなりますので、人材の取り合いが行われているような業界であっても採用面で優位に立てることは間違いないでしょう。あらゆる角度から良い効果が期待できる中途採用支援システムをぜひご検討ください。

若手人事担当者の不安をシステム導入で解決!

高校生や大学生などの新卒者を採用する場合、若手社員は年齢も近く、採用試験や入社後の記憶も新しく、応募者にアドバイスをすることが可能です。ですが、中途採用は会社に必要な人材を確保する上、年齢の幅も広く、若手社員には不安を生じさせる可能性があります。このような場合、ベテラン社員が中途採用のノウハウを継承することが必要なものの、時間が無くなかなか上手くいかないこともあります。
そこで、中途採用支援システムの導入でベテラン社員と若手社員のスキルを平準化し、若手社員も独立して採用業務を行える体制を構築することが重要になります。システムには、中途採用のノウハウが盛り込まれるだけでなく、若手社員に自信を付けさせることも可能です。また、中途採用支援サービスを専門として行う会社との打ち合わせを若手社員に任せたり、システム導入の要求仕様をまとめさせることで、ノウハウを継承させるきっかけを作ることも出来ます。
完全に中途採用支援サービスに任せきるのではなく、人事担当者の育成を行う上でも、効果的な方法になります。また、若手社員の新鮮な目線がより効率的かつ効果的な採用業務の構築に繋がる可能性もあり、固定概念に固執したベテラン社員よりも将来的に有効なシステムが導入出来るケースもあります。

採用業務を可視化することで、滞りなくスムーズに採用活動をすることができます。 面接から採用までをいかにスムーズに行うかがいい人材採用の鍵です! 複数の応募者へ一斉にメッセージを送ることもできますので、事務処理の時間を有効活用することができます。 リクログの月額費用は7万円からとなっております。 採用の単価や各媒体の応募効果などを数値化することができますので採用クオリティが格段に高まります。 中途採用支援の効率化についてはこちらから

contents

面接のノウハウも教えてもらえる

中途採用支援システムで安く良い人材を 募集から採用までにかかるコストというのは、安いものではありません。特に、良い人材を求める場合は、選考に時間がかかってしまうこともあれば、募集…

応募者の情報を一元管理

中途採用支援は連携メディアに注意!最適なものを! 採用業務を行う上で、採用業務フローの効率化は優秀な人材を逃さずに確保出来ることや業務負荷の軽減、そして採用業務ノウハウの平準化と…

このシステムを使えばミスマッチが激減

人手不足の人事の負担の軽減に 現在の日本の企業では膨大な業務量により、人事において採用担当の人手不足や事務作業に追われ、応募者情報の情報を整理する時間が無いといった問題があります…

貴重な人材を逃さない工夫

中途採用支援を受けることで会社が欲しい人を雇える 中途採用を間断なく行って人を雇っているにもかかわらず仕事の成果にあまりつながっていない、そんな悩みを抱えている中小企業は少なくな…

TOP